<< ソニータイマー カツマー診断(笑) >>

シアトルに行ってきたお友達情報

ゴールデンウィークにシアトルに行ってきた友達がブログで書いていたイチローの名言です

以下

イチローの言葉は、野球の世界を超えて、仕事をする上でのヒントや気付きを与えてくれます


―自分に与えられた最大の才能は何だと思うか?

 「たとえ4打席ノーヒットでも、5打席目が回ってきて欲しいと思える気持ちかな。」


あ、これってチャレンジスピリットですよね ワールドベースボールでヒットが全然打てなかった状況のイチローはほんとにほんとに辛かったと思うけど「周りを気にせず(気になるとは思うけど) 静かに時を待つ そしてひたむきにチャレンジする」
という前向きな気持ちだなぁ~と凄くよくわかります

ヒットが打てなくても命を取られるわけではないし
所詮 人の評価は他人の考えているキエモノですから
そんなに重要ではないです 時にはそんな『鈍感力』も必要かも

*小泉内閣時代のベストセラー『鈍感力』の本 お勧めです

そしてヒットが打てるようになってきて
それが増えて精度が上がってくるとだんだんホームランも打てるようになってくるんですよね


―“準備”という言葉をよく口にするが?

 「例えば、グラブの手入れを前の日にしなかった。その次のゲームでたまたまよくないプレーをしてしまったら、おそらくそこで後悔が生まれるわけですよ。要するに“準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということですね。」

うわ~コレもすごくわかるわ~

シアトルに行ってきた彼はネットツールの営業さんです しかも新規開拓は不景気なので大変だと思うのですが、不景気だから困っている会社も多いのでそれに役に立つ商品やサービスなら逆に凄いチャンスだと思います

例えばトラコレもそうだし(お金を使うことを含む、アクションに躊躇している人のスイッチだそうです)
私のサロンは低価格で(もちろん効果もある)ローンや化粧品買い置きシステムでもなく
利用者にとって安心なので
不景気な時代に受け入れられているのかもしれないです

 『要するに“準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということですね。』コレも私、凄くわかります
問題があってそれが〝不快”な状況であるならば それを解消するには
それを排除する方向に動くしか方法はないのです



―イチローが求める“達成感”とは?

 「やりたいことをしっかりイメージして、自分の中で組み立てて、それなら7,8割はできるはずだ、という中で実際にできた、というところまでいけば気持ちがいいし、達成感は残ると思います。」

最近の座右の銘は『「何でもやってみるもんだ』そして サロンを始めて2年でけっこう達成感はあります まだ倍くらいはいけそうです がんばらないで頑張ります(笑)
[PR]
by hama1712 | 2010-05-23 01:14
<< ソニータイマー カツマー診断(笑) >>